筆鉛筆、上手に恋い焦がれるだ。

目下、キャリアしました。

新天地では仕事柄、筆えんぴつでテキストを書くことが時々あります。

これがわたくしには苦痛でたまりません。

と言うのも、ちゃんとわたくし、言葉が悪賢いんです。

小学校の位から、「ダディみたいな言葉」と言われてきました。

更に練習しなくても上手な顧客はどんどん器用だ。

聞けば、親がきれいな言葉を書くとの振る舞い。

言葉も遺伝するんですね。

これまでは何でも端末で行える世の中ですし、言葉が汚くても関係ないや、って気楽に考えていたんですが、仕事を変えてからそうもいかなくなりました。

随分通信教育の筆えんぴつ授業も加入しようかと考えたのですが、元来これはマニュアルに沿って練習して、誰かに添削してもらうだけです。

それなら自分で市販のマニュアルを購入して教育するのと、同じではないでしょうか。

につき、書店でマニュアルを購入しました。今日頑張って練習しています。

Comments are closed.